天然記念物

円鏡寺大師堂の庭園にある木で、樹齢推定二百年余、幹周り三メートル、樹高九メートル。樹は庭園にあるため、庭木風に手入れされ、十メートルを越える広がりをもつ枝ぶりに人為的な美しさを持っている。
この樹は、別名「夫婦和合のモチ」ともいわれている。