円鏡寺楼門


この楼門は三間一戸楼門造、屋根入母屋造桧皮葺で、正面柱問(5・4米)中央一問の(1・7米)両開きの扉があって、左右に重文の仁王尊が安置され、屋根と腰との均衡は極めてよく、妻飾は豕叉首式(いのこさすしき)、破風には猪目懸魚(いのめけんぎょ)を飾り、軒廻しは二軒繁種で軒天井、支輪があり、組物は三手先で深い軒の出を支えている。尾捶の鼻は垂直に切り、中備えに間斗束を入れ柱はすべて円柱とし楚石の上に立つ。上層には長押(なげし)をつけ、勾欄を設けた切目縁(きりめえん)をめぐらす。この縁板は約二センチメートルずつの間隔をとり、排水に備えてある。下の方の組物は二手先で天井は組入天井、鯖尻が自然の四線を描く虹梁である。
この楼門の様式によって、建築されたものは、鎌倉の寿福寺・建長寺・円覚寺などがあり、京都では建仁寺・東福寺・南禅寺などあり外に奈良の東大寺大佛殿のような、大建築が建てられた時代であるが、現存のものは少なく、僅かに円覚寺の舎利殿・大佛殿の南大門・醍醐寺の経蔵等、少部分の存在をみるのみである。