金剛力士像

金剛力士像は雲慶作と伝えられ、彫刻優秀・寄木式玉眼嵌入、筋肉の表現も殊更誇張したところも無く、むしろ温雅の彫刻で、鎌倉初期の仁王像として貴重な遺例である。
阿形は八尺一寸一分五厘、吽形は八尺一寸一分で台座高一尺五寸、阿形、瞋目、開口、面斜右向、宝元結飛転、裸形で天衣をかけ、裳をつけ、左手屈臂、挙げて金剛杵を握り右手側に伸下、掌を下に指先を前に向けて五指を伸ばし腰を左に捻り右足を踏み出して立つ、裳祐右に飜る。阿形は瞋目、口を閉じ、面斜左向、左手屈臂下げて作拳、右手屈臂、裳を前にしたて五指を開き、腰を右に捻り左足を踏み出して立つ、裳祐左に飜る外阿形に同じ。
台座は方及大面取框座で阿形同じ型である。