不動明王


不動明王は、弘法大師御彫刻という。寄木造彫眼彩色の手法によって、右手を腰にあて剣をとり、左手に羅索を提げて岩上に立ち、その面貌は忿怒の想をなし、左の目は眇で固く閉じた口唇から上下一本ずつの牙を出している。この姿は密教の約束である儀式に従った形相で物凄いが、極端な誇張的表現に陥らないで、むしろ穏健な写実にのせて乱れをみせない作風は鎌倉初期の一代表作である。